どうも。代表インストラクターの鍵山です。

今日は練習中に注意して欲しい事を書きます。

題の通りにタップの事なのですが、コレは昔から言っている事で白帯の時から浜島先生に言われている事です。

「極めはゆっくりタップは早目に!」

コレは打ち込みやスパーリングなどで極める側はゆっくりと極める。受ける側、極められる側は極まり切る前にタップするといる事です。

スパーリングをみていると熱中し過ぎて腕が伸びているのに我慢したり、打ち込みで絞めが入ってるいるのに我慢したりする人がたまにいます。

自分も相手も危険なので

「極めはゆっくりタップは早目に!」

練習相手が居てこその柔術なので絶対に守ってくださいね(*^^*)